記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうしたやむを得ない事情ではなく、優秀な社員が自分の勤めている会社に見切りを付けて辞めていってしまうとしたなら、それは大変由々しきことであり、早急に解決策が必要と言えます。
そこで、優秀な社員が辞めていってしまう会社の特徴例とそれら特徴に応じた望まれる基本的な対応策等を4つほどご紹介しますので、ぜひ参考にして頂きたいと存じます。

①仕事上のチャンスや立場、権限等を与えない会社
「優秀な」という評価が付く社員とは向上心が旺盛で、失敗を畏れず新しいことにチャレンジする意欲が高い社員ではないでしょうか。
にも関わらず、新しいことにチャレンジ出来る仕事に取り組めるチャンスや、ある程度の裁量権をふるって仕事に取り組めるような権限や立場を与えない会社は、優秀な人材が逃げ出してしまう典型的な会社と言えます。

優秀な人材なら、新人にもビッグプロジェクトの責任者にいきなり抜擢することを厭わない会社の方へ魅力を感じるでしょうし、またそうしたチャンスや立場を提供することで、優秀な人材を獲得し、成長を遂げている会社も決して少なくないのです。

「まだ経験が浅いから」
「失敗するかも知れないから」
「若いから」
といった消極的理由でそうした優秀な社員にチャンスや立場、権限を与えることに消極的になってはいないでしょうか。勿論、優秀な社員だって失敗する可能性はあります。
また、新しい取り組みはそもそも誰がトライしても上手くゆかないことだってある筈です。

つまり、会社には仮に社員が失敗して損失が生じても、社員を責めずにその損失を被る覚悟、つまり失敗すら折り込み済みで社員にチャンスを与える必要があるということです。
会社そのものが失敗をおそれて社員にチャンスを与えることを躊躇しているようであれば、優秀な社員の流出は止まらないと言えます。

②意見を聞こうとしない、意見を聞いても取り入れない会社

優秀な社員は、建設的な提案や良い意味で様々な意見を会社に対して発しているものです。
そのような社員の意見に耳を貸そうとしない、或いは形だけ聞いたふりをしても、提案や意見を一向に取り入れようとしない会社も、優秀な社員がやる気を失い、去っていってしまう会社と言えます。

勿論、全ての提案や意見を採用しなければならないということではありません。が、多少荒削りであったり、完成度としてはまだ十分ではない点があったりしても、社員のやる気を引き出すために敢えて採用するぐらいの度量の広さが会社側に求められるのです。

また、仮に採用に至らなかった提案や意見に対しては、理由をちゃんと伝えた上でそうした建設的な姿勢や行為については認め、評価してあげることはせめて出来る筈です。そうした対応すら粗末にするようであれば、優秀な社員は定着しないと断言しても良いと言えます。


③評価基準が曖昧で、個人的な裁量等に評価が委ねられてしまっている会社

評価基準が曖昧で、上司等の個人的私見や裁量のみで人材を評価している会社も優秀な人材が去ってゆく会社の特徴と言えます。但し、この会社の特徴を「優秀な人材を適切に評価出来ていないから」と理解してしまうのは早計です。

勿論自分に対する評価が適切でなければ不満を感じるものですが、それだけでなく、優秀な社員は会社の人事的な評価方法全体をシビアに見ているものです。
つまり、自分さえ評価されていれば良いといった利己的な社員に優秀な社員はいない筈なのです。

従って、優秀な社員は自分が評価されていたとしも、人事的な評価が大変曖昧で公平さや正確性或いは客観性に欠けていることを見抜いてしまったら、会社へのロイヤルティーが大幅に低下しやがて去ってしまう場合もあると言うことです。

「アイツだけは高く評価していたのになぜ辞めたんだ」というのはこうした理由が考えられるのです。
従って、社員を評価する場合に恣意的になっていないか、個人的裁量に任されているため評価基準がばらばらで、客観性が欠けていないか等絶えず検証することが大切だと言えます。

④我慢ばかり強いて社員の労苦に報いようとしない会社
会社の業績が悪いときは、給与やボーナスが下がったり、多少社員へ過重労働を強いてしまったりといった場面は起こり得るものです。そうした場面に直面すれば、苦痛からある程度の脱落者が出てしまうのも致し方ないと言えるでしょう。

しかし、それは仕方ないとしても、会社の業績が回復した、もしくは危機を脱したにも関わらず、そうした我慢や労苦だけを強いた社員に対して何ら報いようとしない会社も優秀な社員から見切りを付けられやすい会社と言えます。

この点について、経営者側の立場では「昨今の不透明な経済環境を考えれば危機を脱したと言ってもまたいつ何時環境が変化し、危機が訪れるかも知れない。
そのためにはまずは経営的な体力をもっと蓄えておく必要がある」という、もっともらしく聞こえる抗弁があるかも知れません。
しかし、そうした姿勢は優秀な社員にとっては「自分が会社に対してどれだけ貢献しても評価してくれない会社だ」という評価につながるリスクがあるのです。
一言で言えば、社員を大切にしていないと感じさせる会社に優秀な社員は留まってくれないということです。

従って、会社が不調な時に我慢や労苦を強いたなら、それに耐えて頑張ってくれた社員に対して労いと感謝の言葉をちゃんと伝えると共に、例えば給与のベースアップや福利厚生の充実等、細かな具体策はともかくも、何らかの形にして社員に還元する努力をすることが優秀な社員を逃さないという意味でもとても大切なことだと言えます。

さいごに

さて、4つほど優秀な社員が去ってしまう会社の特徴をご紹介しましたが、これらを通じてお気付きになったことがあると思います。それは優秀な社員だけを特別に厚遇することが、優秀な社員を引き留める決定打にはならないということです。

優秀な社員とは、自分のことだけでなく、社員全体に対する会社側の取り組みや対応等を客観的に尚かつシビアに見ているものです。
そうした会社全体への視点といった面からも信頼を勝ち得ることが、優秀な人材を逃さない上で不可欠だと言えます。

引用元:アンドプラス


横領や背任は大丈夫?社員の素行調査に信用できるところはここ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。